ウエディングのガゼボデコレーションをペーパーアイテムを使って自分でする方法。

未分類

リゾートウエディングやガーデンウエディングでみかけてる“ガゼボ”。

パーティーのテーマカラーに合わせて装飾をすることがほとんどです。

もちそん、装飾しなくても全然ありだと思いますが、装飾するとオリジナリティが出るのでおすすめです。

海外現地申し込みの海外ウエディングの場合は、装飾がプランに含まれていなく

自分で手配するのが通常です。

逆に日本のウエディング会社を使うとパッケージになっていることが多くあります。

 

でも、リゾートウエディングのガボゼの装飾なら実は装飾のパッケージを使わなくても簡単に自分できてしまいます!!

 

今日はハニカムボールと、フラワーポムを使ったデコレーションをご紹介します。

 

12132581_933266776748111_6447602232051681201_o

こちらの写真の紫のホワイトの装飾の部分です。

色を使ったデコレーションを使うと、遠くからの写真もばっちり見えます。

 

12132564_933266713414784_405349029492520517_o

近くで見るとこんな感じです。

 

12087759_935709923170463_4707359219906116789_o

それでは、装飾のコツを紹介します。

 

1、もち運びは必ず広げる前の状態で会場に持っていきます。写真に見切れていますが

右側に少し映った状態が、広げる前のフラットな状態です。萎んだ風船のように広げる前だったら

10個、20個でもスーツケースに手軽に入ります。

 

2、必ず前日までに広げて、リボンをつけておきます。

会場近くに前泊の場合や前の日から荷物が置ける場合は、事前に丸い状態まで作っておきましょう。

ハニカムボールは一瞬で広がりますが、フラワーポムは時間がかかります。

また、結ぶためのリボンは事前に付けておきましょう。

後で紹介しますが、カーリングリボンがおすすめです。

 

12087657_933266773414778_1668946291764063708_o

3、いざ設置!

結んでおいいリボンでヘリに結ぶだけで設置完了です。

ハニカムボールとフラワーポムを挟むように飾るとオシャレに見えますよ!

新婦が自分で結ぶ場合は着替える前は断然おすすめです。

だいたいの位置を指示しておけば、新郎さんやご家族でも簡単にできると思います。

プランナーさんがやってくれる場合もあります。

※誰かに頼む場合で、設置位置にこだわりがある場合は

必ずメモにしてどこに何色など伝えるようにしましょう。

12095263_933266803414775_3993317077280217813_o

 

12068934_933266656748123_7441161347904163728_o

コツは、しっかり固定のポンポンと、紐を垂らすようにして少しゆれるポンポンと

数段にすること。写真は2段です。

規則正しく飾ってしまいがちですが、ランダムのほうが断然オシャレい見えます。

 

12068792_933266576748131_1157848140437586494_o

完成!今回はハニカムボールを8個、フラワーポムを6個使っています。

固定に使ったのはカーリングリボンのみ。

約7500円で華やかなガゼボの出来上がりです。

ご親族やご友人からのサプライズとしてデコレーションのプレゼントもおすすめです。

是非お試しくださいね♡

今回使ったアイテムは下記商品と同じものになります。

〇ハニカムボール (ラベンダー×ホワイト)

〇フラワーポム   (ラベンダー×ホワイト)

〇カーリングリボン

お問合せ・ご購入はこちらにお願いします
LINEでのお問合せ ID mpartynetshop  ←LINEにて検索ください♪
東京都新宿区にある実店舗エムアンドエムパーティー神楽坂店
出張バルーン、パーティー装飾のご相談はこちら
LINEでのお問合せ ID b-deco  ←LINEにて検索ください♪
タイトルとURLをコピーしました