浮く風船を長持させるコツ

キッズパーティーのハウツー!

キッズパーティーでは欠かせないぷかぷか浮く誕生日バルーンやキャラクターバルーン。

プカプカ浮かせるためには、ヘリウムガスが必要です。

バルーンの種類やシーズンによって浮いている日数は異なります。

6時間~2週間以上浮くものまで様々です。

お家のパーティーの際は長く浮くほうが嬉しいですね。

今回は一度買ったバルーンを長く浮かせる方法をご紹介します。

 

1、アルミのバルーンを選びましょう。

ハート模様 asasasa

ゴム風船                          アルミのバルーン

 

まず、長持するバルーンの選び方ですがアルミのバルーンを選びましょう。

ゴム風船が平均12時間の滞空時間にくらべて、アルミですとだんだん萎んできますが2週間程度は

浮いています。

もちろん、ウエディングなど数時間の場合は安価なゴム風船もおすすめです。

2、寒いところにおくのはやめましょう。

 

アルミのバルーンは気圧や気温の変化で、萎んだり、膨らんだりを繰りかえします。

寒い場所→萎んできて、シワがでます。

暖かい場所→膨張します。

だからと言って、温めてしまうと膨張しすぎて破裂するので気を付けましょう。

 

3、エアコンに気を付けましょう。

夏場の場合は、直接クーラーが当たる場所はさけましょう。

冬場の場合は、エアコンのない部屋に置いておくとしぼんきますが

直接ヒーターをあてるなで温めすぎもよくありません。

エアコンが効いているけど、直接当たらない場所におきましょう。

4、補充用ガスを用意しましょう。

P1040805

スプレータイプの補充用ガスはとっても簡単です。

ノズルを指して、1吹きするだけでバルーンにガスが補充できます。

使用量はバルーンの萎み具合によて異なります

補充用ガスはこちらから

 

プカプカ浮く誕生日バルーンが長持すると、お子様も嬉しいです。

ついついバルーンで遊びすぎて、破損して穴があいてしまいますと

補充してふくらみませんのでお気を付けください。

 

お問合せ・ご購入はこちらにお願いします
LINEでのお問合せ ID mpartynetshop  ←LINEにて検索ください♪
東京都新宿区にある実店舗エムアンドエムパーティー神楽坂店
出張バルーン、パーティー装飾のご相談はこちら
LINEでのお問合せ ID b-deco  ←LINEにて検索ください♪
タイトルとURLをコピーしました